2011年07月31日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1011
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 12:21 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人再生の必要書類


裁判所によって個人再生に必要な費用も異なるようですから、必要書類を貰いに行ったときに費用についても尋ねてみると良いかもしれません。
個人再生の申し立てをするにあたっての必要書類は、申立書、陳述書、財産目録、債権者一覧などです。
戸籍謄本は本籍地のある役所でないと貰えません。
弁護士といった方に個人再生の手続きを頼むこともできますがそれなりの費用がかかるので、必要書類を揃えて自分で手続きをしたい人もいると思います。個人再生で必要書類として何を準備しなければならないのか気になる人もいるでしょう。
特に弁護士や司法書士の方が開いているサイトでは分かりやすく個人再生について解説してくれています。

個人再生に関する情報はインターネット上にたくさん寄せられていますし、必要書類についても何を準備しなければならないのか説明してくれているサイトもあります。
裁判所に行けば必要書類も手に入れることができますが難しいと感じる人も多く、このような場合は専門科に個人再生について相談してみてはいかがでしょうか。
借金で悩んでいる方はぜひ見てみてください。
個人再生は借金を整理する方法の一つで、自己破産とは異なり今住んでいる家を処分しなくても借金を整理することができます。
しかし、過去二年間分もの明細が個人再生の申し立てをするにあたって通帳に記録されていなければなりません。




posted by キャット4号 at 12:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1010
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 12:11 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人再生のデメリット


まず個人再生を行うと、親切にしてくれている保証人に対して迷惑が及ぶことがあるというデメリットです。
この借金総額には住宅ローンが含まれていませんが、個人再生を行うと借金を大幅に減額できる場合があります。
個人再生を行ってブラックリストに載ってしまうと、まともなところからは一定期間お金を借りることができません。
そして、個人再生を行うとブラックリストに載ってしまうということが考えられます。
自己破産は借金の免責が認められれば借金を返済しなくても良くなりますが、個人再生の場合は裁判所が認めてくれた減額分の借金を返済していかなければなりません。
あくまでも個人再生は借りた人に対しての制度であり、保証人のための制度ではありません。
ただ、確かに個人再生にはデメリットがあるとは思いますが、お金を借りた方へ誠意を見せることができる方法だと思います。

個人再生を行うと、いくつかのデメリットがあるのも事実です。

個人再生についての情報はインターネット上にたくさん寄せられています。
ですからデメリットを取っても個人再生という方法で借金を整理する人もいるのです。
個人再生を行うと借金が減額できる代わりに、その減額分を保証人が負担しなければならない場合があります。




posted by キャット4号 at 12:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1009
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 12:07 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人再生と官報


官報とは国が発行する機関紙で、個人再生を行うと官報に掲載されます。
しかし実際のところ、個人再生をして官報に載ったからといって仕事に制限が加えられるということはありません。
普通に日々の生活を送っている人で官報を見たことがあるという人は、殆どいないのではないでしょうか。
きちんとしたクレジット会社などでは、個人再生をした人や自己破産をした人には一定期間お金を貸してくれません。
闇金でお金を借りてしまったら大変なことになってしまいますから、個人再生を行って官報に掲載されたら、このあたりのことには充分注意をするべきでしょう。
費用や手続きの流れについて分かりやすく解説しているサイトもありますから、個人再生という方法がきになる人は、ぜひネットで調べてみてください。
それは闇金から借金の勧誘があるかもしれないということです。
それは闇金です。
そして自己破産や個人再生をしている人に対して、お金を貸してくれるところがあります。
もしも官報に載り、自分が個人再生をしたということが会社の社長に分かってしまったとしてもクビにはなりません。
そして、個人再生をして官報に載ると会社をクビになると思っている人もいるようですが、これもありません。




posted by キャット4号 at 12:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1008
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 11:51 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人民事再生にかかる費用


自己破産をするにしても個人再生をするにしても、それなりの費用がかかってきます。
そして、個人再生を行うにあたり個人再生委員という方を裁判所によっては選ばなければなりませんから、その方々への報酬が数十万円かかるでしょう。
個人再生の手続きが難しいということで弁護士や司法書士の方に頼むということになると、数十万円程度の費用が必要となります。
借金に借金を重ねても良いことはないでしょうし、借金の返済が難しいのにも関わらず借金をしてしまったら、それこそ詐欺とみなされてしまうかもしれません。
既に多額の借金を抱えているからこそ個人再生を申請したいと考えるのだと思います。
まず個人再生の申し立てをするにあたり収入印紙や予納金といったものが数万円かかります。
ですから、個人再生の費用についても専門科に相談されるのが最も良い方法だと思います。

個人再生の費用については、インターネットで調べることができます。
個人再生を申請するにあたっての費用ですが、約80万円かかると考えても良いかもしれません。
中にはメールで個人再生について相談をすることのできるところもあるようですから、ぜひ、活用してみてください。
多額の借金を抱えてしまって苦しんでいるのであれば、一人で悩まずに、ぜひ個人再生や自己破産といった借金整理の方法を専門科に相談してみてください。




posted by キャット4号 at 11:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1007
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 11:41 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人民事再生と住宅ローン


住宅ローンが個人再生を行うにあたりどのように関わってくるのかを分かりやすく解説してくれているサイトもあります。
個人再生での住宅ローン特則が認められると、住宅ローンの返済方法の変更を認めてくれます。

個人再生についての情報はインターネット上にたくさん寄せられています。
また、個人再生の住宅ローン特則は完済するまでの期間を延長してもらい、月々の返済額を減らしてもらうこともできるようです。
ただ、場合によっては個人再生において住宅ローン特則が認められることもあります。

個人再生は住宅ローン以外の借金が5000万円以内であり、一定の収入を将来得られるという予想のつく方が利用できる制度になります。
住宅ローンが残っている場合は、それを返済しながら裁判所が認めた借金額を返済していくのが個人再生です。
自己破産と個人再生の違いですが、自己破産は借金が無くなると同時に不動産や生命保険といった自分の資産を全て失います。
しかし、個人再生は借金が無くなるというものではなく、裁判所が認めた借金を3年間で完済しなければなりません。
住宅ローン特則を活用できたとしてもローンが減額されるわけではありませんが、個人再生において残りのローンの一括請求を待ってもらうこともできるようです。




posted by キャット4号 at 11:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1006
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 11:32 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人再生の体験日記


家族がいたら住む家をそうそう手放すことなんてできませんから、個人再生という方法を選んだのかもしれません。
借金整理の方法にはいくつかありますから、個人再生も含め、ブログを参考にしながら自分にベストな方法を見つけてみてください。
また、ブログを見ていると個人再生をしているにも関わらずカードを使っている人もいるようです。

個人再生をテーマにしたブログには、子どものいる一家のご主人のブログもあるようです。
またブログを見ていると、貸主に対して出来る限りのことはしたいと個人再生を選んだ人もいるようです。
一般的には、弁護士の方と相談しながら個人再生手続きは進められるようです。
個人再生をテーマにしたブログには、この手続きの流れも赤裸々に綴られています。
不景気だからなのでしょうか、お金にだらしない人が増えたからなのでしょうか、自己破産の方法を取るのか個人再生手続きを取るのかで悩んだ人もいるようです。
自己破産は借金が無いという状況になりますが不動産などは手放さなければならず、今住んでいる家を場合によっては追い出されることになります。
実際自分が個人再生を適用されたことがないのでよくは分かりませんが、ブログを見ているとカードが使えたとブログに綴っている方がいるので驚きです。
借金苦で悩んでいる方は、借金を整理する必要があります。
日々の借金苦から立ち直るために個人再生手続きを行って人生の再スタートをきっているのでしょう。




posted by キャット4号 at 11:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1005
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 11:21 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人再生の手続き方法

個人再生の手続きは裁判所に申し立てることから始まり、その後、再生できるかどうかの調査が始められます。

個人再生は誰でも申し立てをすることができるというものではなく、手続きの流れの中でも総額を調べられますが、借金の総額が五千万円以下でなければなりません。
そして、個人再生の手続きをしている最中は住宅ローンについても触れられると思います。
よって、住宅ローンは個人再生において減額対象になりません。
これが個人再生手続きの一通りの流れです。
借金の総額が決定されると、次は個人再生においてどのくらいの金額なら返済していくことができるのか再生計画を立てます。
個人再生で開始決定となると、今度は借金の総額が調べられることになります。
ですから個人再生の手続きを行う際には、法律に詳しい方や法律に関する相談ができる窓口を利用しましょう。

個人再生に関する情報はインターネット上にたくさん寄せられていて、手続きの流れについて詳しく解説しているサイトもあります。
自己破産は不動産を処分しなければなりませんが、個人再生では不動産を処分しなくても良く、現在の家に住みながら減額された借金を返済してくことができるのです。
ただ個人再生の手続きは非常に難しく、法律に弱いという方が行うには不安がたくさんあるでしょう。




posted by キャット4号 at 11:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1004
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 11:11 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小規模個人再生


ですから、今住んでいる家に住み続けながら借金を返済していくというのが小規模個人再生制度になります。
インターネット上には小規模個人再生について分かりやすく説明しているサイトもありますから、借金で悩んでいる人は一度目を通しておくと良いと思います。
現実の申し立て件数ですが、小規模個人再生を選ぶ人が多いようです。
個人が小規模個人再生を裁判所に申請するには難しい部分もたくさんありますから、法律の専門科に一度相談されることをお薦めします。
そして借金を抱えている人が小規模個人再生を行った場合、保証人の借金も減額されるわけではありません。
病気やリストラといった状況下であれば三年間完済条件は緩めてもらえるようです。
しかし、小規模個人再生は基本的に最初に決定した条件が途中で変わるということはありません。
小規模個人再生は借金の総額が五千万円以下であり、一定の収入を見込める方が利用できる制度になります。
ただし、小規模個人再生は借金が無くなるというものではなく、裁判所に認めてもらった金額を三年間で完済しなければなりません。
小規模個人再生を裁判所に認めてもらえば、借金の一部を免除してもらえることもあるようです。




posted by キャット4号 at 11:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1003
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 11:03 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人民事再生の申請要件


ですから個人民事再生を活用した場合は、現在の家に住みながら住宅ローンを含む借金を返済していくということになります。
ですから借金の総額が五千万円以下の方は自己破産を考えるよりも、まずは個人民事再生を活用できるかどうかを考えた方が良いと思います。

個人民事再生に関する情報は、インターネット上にたくさん掲載されています。
借金があまりにも膨大な場合は自己破産を考えなければならないでしょうが、五千万円以下なら個人民事再生を検討してみましょう。
ただ、個人民事再生は借金が無くなるというものではありません。個人民事再生は借金の総額が五千万円以内で、なおかつ一定の収入を将来見込めるという方が活用できます。
病気やリストラといった場合は三年間完済条件を緩めてもらえることもあるようです。
個人民事再生は、再生計画を立ててそれを裁判所が認めると借金の一部が免除されます。
自己破産との違いを分かりやすく解説してくれているサイトもありますから、借金で悩んでいる人は一度見てみてください。
しかし基本的には個人民事再生の三年間完済条件は達成しなければならないものです。




posted by キャット4号 at 11:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1002
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 10:52 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人再生とは


ですから個人再生は借金が無くなるというものではなく、借金を返済しながら日々の生活を立て直すということが目的になります。
ですから専門科とよく相談して個人再生方法を選ぶと良いでしょう。
しかし、基本的に個人再生の三年間完済という条件は厳守しなければなりません。
ただ、自己破産もそうですが個人再生も法律関係専門のところに相談するのが良いと思います。
そして、個人再生のメリットには、借金の理由にギャンブルが含まれていても良いというところもあるでしょう。
どちらの方法を選ぶかで個人再生による借金の返済額が異なるのだとか。
ただ、裁判所で決定した金額を三年間で完済しなければならないという厳しい条件が個人再生にはついてきます。
ですから、自己破産を考える前に個人再生についても考えてみてください。
そして個人再生は、住宅ローンの返済額が減額してもらえるということもありません。
お年を召した方が家族にいれば住み慣れた家を離れたくないといったこともあるでしょう。

個人再生の利点は、家を手放さなくても良いということでしょう。
借金の相談をするというのは恥ずかしいとは思いますが、これからも長い間借金で悩むよりも、自己破産や個人再生について専門科に一度相談してみましょう。




posted by キャット4号 at 10:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。