2011年09月10日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1052
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 19:11 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AIUのシニア保険


また、事故、天災などによる死亡、後遺障害もシニア保険で保障されます。
もちろん、AIUのシニア保険に加入するには、加入条件があり、その条件に満てることが要件になります。
そのため、シニア保険の保険料は、どうしても高くなってしまうのです。シニア保険は、色々な保険会社が取り扱っていますが、AIU保険会社が販売するメディカル総合保険は、人気の保険の1つです。
他にも色々な充実した保障プランが設けられているのが、AIUシニア保険の魅力です。
また、AIUシニア保険では、糖尿病や高血圧の人でも加入できるようになっています。

シニア保険は、入りやすい分、保険が高いという声も多いようです。
短期入院を保障からはずすことで、保険料を安くしているシニア保険もあります。
さらに、被保険者、家族が起こした法律上の賠償責任についても、AIUシニア保険で補償されるようになっていて、1回の事故で何と5,000万円まで補償してくれるのです。
AIUのシニアにきちんと医療保険のシニア保険では、簡易な告知をするだけで、加入することができ、保険料も手頃なので話題になっています。
そして、ベーシックプランを付加することで、AIUシニア保険では、入院時の治療実費については、100万円まで保障されることになっています。




posted by キャット4号 at 19:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1051
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 19:03 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフラックのシニア保険


要介護の状態が続く間は、無制限に介護年金が支払われるので、その間、保険料も必要ないで、アフラックのシニア保険は人気なのです。
シニア保険のアフラックのこのタイプでは、40歳から80歳を対象とした死亡保険になります。
要するに、生涯にわたる保障がついていて、このシニア保険は、保険料が変更されないメリットがあります。
50歳から80歳までの人であれば、医師の診査も必要なく、簡単な手続きだけで、加入できるのが、シニア保険なのです。

シニア保険のアフラックは、シニアの生活状況をしっかりと考慮した保険になっているので、その人気も納得ができます。
アフラックのこのシニア保険は、要介護状態が続いている間は、介護年金がそのまま、支払われるように配慮されています。
シニア保険のアフラックでは、月の保険料が2000円からのタイプも用意されています。
シニア保険のアフラックでは、月々の保険料プラン2000円から10000円の4コースで契約することができるようになっています。
その保障額は、月々の保険料によって決まり、介護を要する人は、入院の場合よりも当然、多くなっています。
このタイプは、無告知型と言って、無選択型になっているので、健康状態によっては、契約ができないシニア保険になっています。




posted by キャット4号 at 19:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1050
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 18:51 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカンホームダイレクトのシニア保険


アメリカンホームダイレクトというのは、まさに外資系の生命保険会社になります。

シニア保険のアメリカンホームダイレクトの、これからだ、については、長期傷害保険に特化した保険になっています。

シニア保険の、ザ・大人の医療保険、というのは、無選択型の医療総合保険です。シニア保険で有名な会社にアメリカンホームダイレクトがあります。
そして、アメリカンホームダイレクトシニア保険では、医師の診査、告知が必要ないものが沢山用意されているのが特徴です。
このシニア保険は、これからだ楽々夫婦プラン、と、ほぼ同じ保障内容になります。
このようにアメリカンホームダイレクトシニア保険ては、お得なプランが満載です。
加入対象年齢は、満50歳から満80歳までとなっていて、月々の保険料は、職業や年齢に関係なく1口2,800円になっており、非常に経済的なシニア保険です。
このタイプは、50歳から80歳までの人が加入対象になっていて、お祝い金の支払いがあるシニア保険として人気があります。
加入時の年齢が、満50歳から79歳までであれば、誰でも簡単に加入できるシニア保険です。
まいにち安心のシニア保険では、介護までを保障としてくれる保険になっています。




posted by キャット4号 at 18:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1049
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 18:41 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニア保険の特徴


アメリカンホームダイレクト保険が提供する、ザ・大人の医療保険というシニア保険では、医療保障以外に、色々な特典が用意されています。
また、シニア保険では、入院などで保険料の支払いが困難になった際、払い込み免除の特約なども用意されている保険があります。
アリコジャパンのシニア保険の引受基準緩和型では、これまで加入が困難とされた病気にも対応しています。

シニア保険の中で、富士火災のシニアの救急箱は、特約付の帯傷害総合保険になっています。
第一生命が販売する、シニア保険の主役宣言では、病気による障害が残った再の救済措置が取られています。
このように、シニア保険には、各保険会社によって、様々な特典がある特徴があります。
そして、日常生活に影響の強い、下半身の骨折などは、より手厚い保険金として、骨折時生活支援一時金がシニア保険ではもらえるようになっています。
そして、180日を超えた時でも、別に一時金が支払われるシニア保険もあります。
要するに、そのケガの部位と症状に合わせて、一時金が受け取れるシニア保険です。
シニア保険というのは、基本手的に、満50歳から満80歳までの人が加入できる保険のシステムです。
病気やケガで入院した場合、シニア保険では、入院給付金が院最高60日、保険期間として通算1000日まで受取り可能になっています。




posted by キャット4号 at 18:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1048
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 18:31 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリコのシニア保険


シニア保険のアリコでは、シニア世代を対象にして、豊富なラインナップで様々な保険プランを提供しています。
このタイプは、解約返戻金をなくすことで、負担を軽減した保険料を実施しています。
そしてタイプ別に、その加入対象年齢が違うのも、アリコのシニア保険の特徴です。
更新がないので、保険料が生涯上がらないのが、このタイプのシニア保険の魅力です。
また、シニア保険のアリコでは、健康ボーナスがもらえる特典も用意されているようで、そのタイプによって保障内容が全く違ってきます。
病気やケガで入院の場合、アリコのシニア保険では、入院初日から日額5,000円を受け取ることができます。
持病が悪化した場合による、入院、手術についても、アリコのシニア保険保障します。
プラチナエイジ入院保険、まるごとはいれます総合保険、はいれます終身保険、ころばぬさきの傷害保険、入院保険まもりたい、などがアリコのシニア保険です。

シニア保険のアリコの、入院保険まもりたい、のタイプでは、45歳から85歳までをその加入対象年齢としています。
中でも、やはり保障が生涯続く終身タイプのアリコのシニア保険がいいでしょう。
シニア保険のアリコにおいては、80歳、もしくは85歳を上限として加入年齢を設定しています。




posted by キャット4号 at 18:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1047
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 18:26 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニア保険の選び方

シニア保険は、簡単に言うと、年齢が高い人も加入できる保険のことを指します。
現在、検討している保険が、ケガの保障だけになっている場合は、要注意なのです。
病歴や保険料の問題などで、一般的には、保険加入が容易ではありませんが、中々、保険に入れない人のために役立つプランがシニア保険なのです。
しかし、今では、75歳以上に年齢が引き上げられたことから、シニア保険が注目されるようになったのです。
加入条件が緩やかな保険として、シニア保険のテレビCMでもよく紹介されています。
課税所得が145万円以上の人は、自己負担3割になり、その額の負担は大きいと言えます。

シニア保険の選び方としては、まず、色んなパターンを想定してみることです。
選び方というものが、シニア保険にあるとすれば、この無選択型はおすすめできます。
そして、既往症の場合は、更に2年間の免責があるのが、シニア保険なのです。
要するに、保険に入っても3ヶ月間については、病気で入院した場合でも、シニア保険では、保険は下りません。
公的年金が危ない時代に、定年後の医療費は気になるところで、シニア保険の果たす役割は大きいと言えます。
シニア保険は、主として50歳以上の人に向けた保険として知られています。




posted by キャット4号 at 18:24 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1046
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 18:15 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニア保険の資料請求方法



シニア保険に加入する際は、自分に必要な保障であるのかをよく見極めて判断した上で、加入する必要があり、そのためには、資料請求でよく研究する必要があります。
加入時の健康状態の告知がなしで、加入できるメリットがシニア保険にはあります。

シニア保険は、まさにこれから益々深刻化する、高齢化社会に対応した保険です。
50歳以上の中高年を対象にした、そして加入条件を緩和した保険が、シニア保険なので、まずはその中身がどのようなものかを知るために、資料請求してみましょう。
シニア保険の無選択型保険、告知緩和型保険は、加入しやすいメリットがありますが、リスクが高い面があり、保険料も割高になっています。
また介護のシニア保険では、18歳から80歳までの人が加入できるようになっていて、介護が必要になった時に、一時金、年金で受け取れるのでお得です。
年齢を経ることによって、健康面では色んな障害がでてきますが、シニア保険は、年齢の高い人におすすめの保険になっています。
健康状態に不安がある人でも、シニア保険には緩和措置があるので、入りやすくなっているのですが、健康へのリスクが高い人でも加入できる反面、保険料は割高です。
また、簡単な質問にすることによって、加入条件を緩和し、健康に不安がある人でも入りやすくした保険がシニア保険なのです。
そして死亡保障型のシニア保険は、保険料の払込が生涯続くことになります。
老後の生活に備える保険としてシニア保険の果たす役割は、かなり大きいと言えます。




posted by キャット4号 at 18:13 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1045
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 18:03 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニア保険のサービス比較


またシニア保険の死亡保障型では、保険料の払込は生涯続いた上、保険料の総額が死亡保険金を上回るリスクがあるので、よく検討する必要があります。
そして、保障対象外の病気もあるので、シニア保険では、自分にふさわしい保障であるかよく調べる必要があり、そのためには比較検討して申し込む必要があります。
複数の保険会社、保険プランの情報をシニア保険の資料請求で得ることができるので、それらを比較することで、自分にふさわしい保険を選ぶことが可能になります。

シニア保険の選択に迷った時などは、保険のプロである、保険市場などを訪ねてみるのも1つの手です。
そこでは、生命保険の相談も実施しており、シニア保険について、保険のプロが、その知識と経験を生かして、保険選びの選択方法、比較方法などを教えてくれます。
保障内容というのは、保険会社、保険プランにより、かなり違ってくるので、一つの内容だけでシニア保険を選択するというのは、とても危険で、勿体ないことなのです。
シニア保険を選択する上で、比較するという作業は、自分の求めている保険を探求することになるので、とても大切なことです。
また、シニア保険では、人気の保険会社から選択していく方法もあります。
資料請求は無料なので、簡単にシニア保険の比較検討をすることができます。
そして、入院保障のあるシニア保険なら、入院をした際に、1日ごとに5000円から1万円程度の保障が受けられるようになっています。




posted by キャット4号 at 18:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1044
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 17:51 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニア保険の口コミ情報


申し込み時の条件についても、しっかりとした見積もりが出てくるので、シニア保険を選択する際の目安になります。
シニア保険なら、資料請求した時でもしつこい勧誘がないと、口コミでも評判で、安心して資料請求することができます。
大体、保険では、見積もりを数社からとるのが一般的ですが、シニア保険については、いくつかの保険会社から見積もりをとることをおすすめします。
年齢から、保険の契約更新ができなくなった人や、健康上の問題で、審査の段階で加入できなかった人に、シニア保険はおすすめできます。
何より自分に合ったシニア保険を選ぶのが、一番の重要なポイントと言えます。

シニア保険では、見積もりの際に、自分の条件をしっかり入力することが大切です。
シニア保険は、人生のセカンドライフを迎える時代に入った人に最適の保険です。
昔では、50歳代で加入できる医療保険というのは、まずなかったのですが、高齢化社会に伴い、そのニーズの高まりから、シニア保険が生まれたのです。
簡単な手続きだけで加入できる保険として、シニア保険は最近注目されています。
そして、本人や家族の日常生活での法律上の賠償責任も保障されるというのが、シニア保険の大きな特徴になっています。




posted by キャット4号 at 17:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1043
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 17:41 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニア保険とは


もちろん、会社によって、シニア保険の基準は違いますが、既往症がある時は、合併症の際の免責規定が定められています。
加入しやすいように工夫が凝らされているのがシニア保険の特徴で、そのタイプは、大きく分けると2つになります。
まず、一定年令以上の人に対して、病歴に関係なく加入することができる、シニア保険無選択型があります。
そして、健康状態に対する質問を簡略化した、シニア保険準無選択型があります。
持病がない人で、健康診断の結果にも問題がない人については、シニア保険ではない保険に加入することもできます。
加入する人の健康の状態に合わせて、加入できる保険を選ぶことが肝心で、シニア保険は、発病した病気やケガをフォローするところに特徴があります。
シニア保険は、高齢化社会に対応できる保険内容になっていて、今後益々ニーズの高い保険と言えるでしょう。
怪我の場合、契約後にすぐに保険金が支払われるようになっていますが、病気の場合は、加入後2年間の保険金支払いの制限があり、シニア保険の特徴になっています。

シニア保険準無選択型は、病歴がある時には、加入できないとデメリットがあります。
シニア保険には、死亡保険型と入院時の費用のための入院保険型があるようです。




posted by キャット4号 at 17:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。