2011年11月04日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1106
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 04:11 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アパートローンと不動産価値


まずアパートローンの不動産投資に関して、借入希望者の属性審査が考慮されるケースと言うのは、1棟目の不動産投資物件取得時のものになります。
こうしたことは、アパートローンに関する銀行の特徴になるので、注意しなければなりません。
不動産の査定方法に対して、公示価格や固定資産税の価格などを基に、売却金額を想定する銀行では、アパートローンでの評価が随分と変わってきます。
それはなぜかと言うと、銀行により、アパートローンの不動産物件の担保評価が違うからです。
要するに、2棟目、3棟目のアパートローンでの不動産投資物件の取得の場合は、どれだけ借入申込者の属性が良くても関係なくなるのです。アパートローンの不動産投資に関しては、借入申込者の属性審査が必要になります。
不動産投資に対するアパートローンの融資に積極的な銀行とそうでない銀行では大きな差があるのです。
また、収益還元法などの収益性に重きを置く視する銀行では、同じ不動産であっても、アパートローンの評価が異なります。
また、複数の銀行でアパートローンの融資が通った場合でも、それぞれの融資金額、融資金利などが異なります。

アパートローンでは、その銀行によって、融資する金額が違うので、複数の銀行へ申し込むことが賢明なのです。
ただ、アパートローンでの投資不動産の収支というのは、少しずつ悪化するものであることは、認識しておかなくてはなりません。




posted by キャット4号 at 04:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。