2011年12月11日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1143
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 10:21 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローン計算と借り換え


とにかく、借り換えを検討している人に関しては、金融機関に問合せして、今のローンが本当に軽減されるのかを住宅ローン計算と合わせて、慎重に考えていくことです。
それは、住宅ローン計算をするまでもなく、高い固定金利時代にローンを組んだ人は、毎月の返済が苦しくなっているはずだからです。
場合によっては、借り換えすることで、総返済額も減少させることができるので、住宅ローン計算でよく検討してみることです。
また、最初の数年間は低金利で借り入れが出来ていても、優遇期間が終わり、普通の金利になったことにより、金利がどんどん上がる傾向にあります。

住宅ローン計算において、借り換えをするというのは、公的ローンから民間ローンへの借り換え、もしくは、民間ローンの間での借り換えということになります。
つまり、借り換えの新しいローンというのは、変動金利型になることが多いので、住宅ローン計算で、しっかりと事前調査する必要があります。
特に返済期間が長く残っている時などは、将来の金利上昇も勘案して、住宅ローン計算でシミュレーションする必要があります。住宅ローン計算をすると、借り換えの際にとても効果を発揮するということを覚えておいた方がいいでしょう。
その借り換え手数料というのは、かなり額が大きいので、住宅ローン計算では出てこなかった出費がかさむことになります。

住宅ローン計算をすれば、どうしても、安い金利に借り換えたくなるのは、人情でしょう。
そのため、借り換えをする場合は、住宅ローン計算により、返済シミュレーションで、借り換え後のシミュレレーションも比較して検討することが大事になります。




posted by キャット4号 at 10:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。