2012年01月07日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1170
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 14:51 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローン減税と住民税


しかし、所得税が大きく関わっている住宅ローン減税で何故、住民税までもが取りざたされるのでしょうか。
何だか急にややこしくなって頭が痛くなってきそうですが、住宅ローン減税を最大限活かすために欠かせないプロセスと言えるので、しっかり学んでおきたいところです。
分かりやすく、丁寧に住宅ローン減税と住民税とに関する情報が得られる事でしょう。
気をつけたいのは、住宅ローン減税にも当然のように上限額は存在します。
地方で出来ることは地方でやろう、というコンセプトの税源移譲と住宅ローン減税と、一体どの様な関係性があるのでしょうか。
さあ覚えるぞ、と鼻息を荒くして住宅ローン減税と向き合う必要はないでしょう。
どの程度、どんな場合に減っちゃうの、質問は尽きないかと思いますが、住宅ローン減税について詳しくは、サイトやブログを調べてみる事をお勧めします。
地方分権、という大きな狙いのある税源移譲ですが、これが住宅ローン減税と関係のある所得税と住民税に大きな影響をもたらしているようです。

住宅ローン減税は所得税から控除されるのですが、ここに何か落とし穴的なものが広がっていそうです。

住宅ローン減税は所得税と大きな関係がありますが、ここが注目したい点になります。
ここで住民税が登場し、住宅ローン減税と新たに手を組む事によって、去年より減ってしまった減税分を調整してくれます。




posted by キャット4号 at 14:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。