2012年10月01日

住宅ローンの返済と登記


何らかの事情によって返済が滞った場合などは登記されている住宅ローンの返済の抵当権によって対応が行われるようです。
住宅ローンの返済を行うことによって、少しずつ自分の家を手にしたという実感が湧いてきています。
自己資金が豊富にある人はローンを利用しなくても良いので、住宅ローンの返済には無縁かもしれませんね。
住宅ローンの返済は無理のない範囲で行うのが望ましいので、よく検討して利用すると良いでしょう。
サイトでは住宅ローンの返済した場合の登記変更方法などがあるようなので調べてみましょう。住宅ローンの返済を行っている人は日本全国にたくさんおり、自宅を購入した人の大半が利用していると言っても良いかもしれません。
住宅ローンの返済が完了したにも関わらず抵当権が残ったままだった場合は、すぐに登記抹消の手続きを行うとよいでしょう。
住宅ローンの返済の抵当権登記変更は自分で行わないと抹消されないと聞きます。
新たに自宅を担保として融資を受けようとした際に初めて住宅ローンの返済の抵当権が抹消されていない事に気づいたという人も結構多いようです。
登記抹消に必要な書類は金融機関から送られているので、住宅ローンの返済が完了した場合に受け取った書類は大切に保管しておくとよいかもしれません。

住宅ローンの返済の抵当権登記は完済した場合も自分で登記の抹消を行わなければならないようです。




posted by キャット4号 at 11:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。