2012年10月31日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1460
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 16:11 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本工学院の進学ローン


ただねぇ、国民公庫の進学ローンは上限額が200万位じゃないですか。
今北海道の大学に通っている姉の子どもはその進学ローンで入学金を賄ったそうです。
出来れば女の子ですし、地元の短大か専門学校にでも進学してくれれば、随分楽です。
何しろ大都会東京の私立の専門学校ともなると、初期費用だけでも私の年収は軽く超えますからね。進学ローンについて姉に相談したところ、やはり国民生活金融公庫が実施している一般貸付の教育ローンを勧められました。
そんな進学ローンに関する情報、読めば読むほど安心もしますが、不安にもなる、それが今の正直な心境ですね。
日本工学院の素晴らしさはネットを見ていてもよく解るし、出来る事ならそこでやりたい事をさせてやりたいものです。
そのため、もし進学ローンを目一杯利用すれば月々の返済額は住宅ローンと変わらない位になってしまいます。
ところが、うちの娘と来たら、日本工学院のコンサートスタッフ専門学科に願書を出してしまったんですよ、将来は音楽プロデューサーになりたいとかで。
今は国民生活金融公庫という施設はなくなって、日本政策公庫と名前が変わっていますが、進学ローンは従来通りの条件で利用出来るみたいですね。
でも、東京での下宿の準備にかかる費用だけでも中途半端じゃないだろうし、そこに入学金や当座の娘の生活費、そんなこんなを考えると、頭が痛くなる一方です。
けれど、せっかく娘が必死にハイレベルの日本工学院に進もうとしている訳ですから、親が勇気を出して進学ローンにトライするのは当たり前かも知れないとも思います。




posted by キャット4号 at 16:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。