2012年11月07日

後期高齢者医療制度と扶養


長寿医療制度と言われている後期高齢者医療制度では、一人一人が被保険者になることから、被扶養者であった人も、被保険者になります。
つまり、今まで家族に扶養された人も、75歳以上になった時点で、後期高齢者医療制度に加入しなければならなくなったのです。
75歳になると、自動的に後期高齢者医療制度の被保険者になることから、そのための手続きは一切いりません。
後期高齢者医療制度の被保険者になるのは、75歳になってからですが、65歳以上75歳未満の人で、一定の障害があると認められた時も、被保険者になります。
税法の扶養の取り扱いには違いがあり、後期高齢者医療制度の被保険者になると、健康保険法上の被扶養者ではなくなるのですが、税法上の扶養には変わりないのです。
その際、後期高齢者医療制度になったからと言って、健康保険の被保険者、被扶養者の資格喪失の手続きはいりません。

後期高齢者医療制度の保険料率は、都道府県ごとにある広域連合が2年ごとに決めるようになっています。
今まで家族に扶養されていた人については、後期高齢者医療制度に加入してから2年間は、保険料が軽減される特例措置があります。
しかし、後期高齢者医療制度の被保険者になった場合、税法上の扶養には該当しないので、安心です。
ちなみに、後期高齢者医療制度の保険料は、所得割額と被保険者均等割額の合計額により決まります。




posted by キャット4号 at 17:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1466
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 17:11 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期高齢者医療制度の被保険者


まず、生活保護受給者というのは、後期高齢者医療制度の適用除外となり、被保険者にはなれません。
2006年の医療制度改革により、後期高齢者医療制度では、一定年齢により、高齢者を区分わけしました。
また、75歳以上の人か、65歳以上〜75歳未満で、一定程度の障害の状態にあると広域連合から認定を受けた人も、後期高齢者医療制度の被保険者になります。
つまり、認定を受けた日から、その人たちも、後期高齢者医療制度の対象となって、被保険者になるのです。
ただ、それまで被扶養者であったために、保険料負担が免除されていた人は約200万人以上いたことから、後期高齢者医療制度では、特別な措置がとられています。
65歳以上〜75歳未満の人でも、後期高齢者医療制度では、一定程度の障害状態にある人なら、被保険者になります。
75歳になっても、生活保護法での医療給付を受けることができるので、後期高齢者医療制度の被保険者にはなり得ません。

後期高齢者医療制度では、生活保護受給者については、被保険者適用除外としていて、それは、生活保護費での医療扶助が適用されるからです。
そして、後期高齢者医療制度では、1人1人につき、1枚ずつ医療被保険者証が交付されることにより、それぞれが保険料を納付しなければなりません。
また、日本国籍を有しない者についても、後期高齢者医療制度の被保険者となることはできません。




posted by キャット4号 at 17:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1465
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 17:02 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期高齢者医療制度の手続き


後期高齢者医療制度の受付窓口は、一般的には、市役所保険年金課、もしくは窓口サービスセンターになります。

後期高齢者医療制度の手続きには、障害認定の取下げもあり、65歳以上で一定の障害がある人は、この医療制度に加入することも可能です。
65〜74歳で、一定の障害のある人につては、後期高齢者医療制度では、広域連合の認定を受けなければならないので、加入のための手続が必要になります。
そして、後期高齢者医療制度により受診の際、保険証が提示できず、全額自己負担となった場合の手続きでは、申請書、明細書、領収書の原本、印鑑、口座番号が必要です。
その際、後期高齢者医療制度に加入する人は、自己負担割合が1割になるのか、3割になるのかが、チェックされます。
基本的に、後期高齢者医療制度に関する保険証や医療給付の手続きに関しては、市役所が窓口になります。
その際には、後期高齢者医療制度の再発行申請書類として、申請書と印鑑、身分証明証が必要になります。
ただ、窓口サービスセンターについては、後期高齢者医療制度の申請受付だけで、保険証は後日郵送になります。
そして、65歳以上の人が一定の障害の状態になった場合にも、後期高齢者医療制度が適用され、広域連合に届け出て認定を受けることになります。後期高齢者医療制度というのは、75歳以上になった際、自動的にこの医療制度に加入することになります。




posted by キャット4号 at 17:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1464
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 16:51 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期高齢者医療制度限度額


そして、入院がある場合の後期高齢者医療制度の限度額は、24600円になります。
しかし、この場合、75歳になった月の後期高齢者医療制度の限度額は、誕生日が1日の方を除いて、2分の1とるので、注意が必要です。
しかしその場合、後期高齢者医療制度の限度額は、医療機関には一般の負担額を一度支払って、後で、その差額を高額療養費として支給されることになります。
低所得者の負担軽減のため、世帯全員が住民税非課税の被保険者の場合は、後期高齢者医療制度では、一般被保険者よりも限度額が低く設定されています。
世帯での後期高齢者医療制度の限度額も同じようになり、その際は、限度額が80100+医療費総額−267000円×1%の計算で算出されます。
そして世帯での後期高齢者医療制度の限度額も同じ額になり、その際の限度額は44400円になります。
食事代が減額されることになるので、後期高齢者医療制度の限度額は、本来の負担区分より、負担が軽減されることになります。
また、世帯全員が住民税非課税の人の後期高齢者医療制度の限度額は、被保険者の所得に基づいて区分分けされます。
後期高齢者医療制度の限度額で、低所得で世帯全員が住民税非課税で、外来のみの場合は個人ごとで 限度額が8000円になります。
その場合で、入院がある場合の後期高齢者医療制度の限度額は、15000円になります。




posted by キャット4号 at 16:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1463
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 16:42 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期高齢者医療制度の自己負担


また、医療機関へ入院した場合においても後期高齢者医療制度は老人保険制度と同じく、標準負担額として、自己負担が課せられることになります。
これまで、被扶養者ということで保険料が免除されていたのが、後期高齢者医療制度の登場により、自己負担しなければなららくなったのです。

後期高齢者医療制度が導入されたことで、後期高齢者には、1割の保険料の自己負担が強いられることになったのです。
ただ、現役並みの所得者に移行した場合を除いて、後期高齢者医療制度が窓口で支払う自己負担については、変更はありません。

後期高齢者医療制度の内容については、老人保険制度とほぼ同じになっています。
後期高齢者医療制度になったことで、老人保険制度が75歳以上だけでなく、70歳以上〜75歳未満の人も高齢者世帯に含まれていたのが、なくなりました。
後期高齢者医療制度の導入により、それだけで、マスコミや高齢者からは、高齢者の自己負担がお大きくなって、迷惑だと言う声が飛び交いました。
そして、療養病床以外の医療機関の場合においては、後期高齢者医療制度では、食費についての標準負担額が課せられることになります。
そうした意味では、高齢者の自己負担割合が後期高齢者医療制度の導入で増えるのは、当然のことと言えるでしょう。
つまり、老人保険制度と同じく、後期高齢者医療制度は、通常1割負担で、現役並みの所得者は3割負担になります。
このままでは、日本の医療制度や社会保険制度は崩壊していくので、後期高齢者医療制度の導入で、自己負担が増えるのは仕方のないことなのかもしれません。




posted by キャット4号 at 16:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1462
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 16:31 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期高齢者医療制度の廃止問題


しかし、政権与党となった、民主党には、後期高齢者医療制度に変わる案がなかったことから、廃止は却下され、この制度が維持されることになったのです。
しかし、老人保健法が廃止されて、後期高齢者医療制度がスタートしたことにより、強制的にこの制度に加入されることとなったのです。後期高齢者医療制度は、75歳以上の後期高齢者と、65〜74歳の前期高齢者がその対象となります。
つまり、後期高齢者医療制度の対象になる被保険者は、国民健康保険等と廃止された老人保健制度から、脱退を余儀なくされたわけで、大きな負担となりました。

後期高齢者医療制度は、2008年4月1日からスタートしたことにより、従来あった老人保健法は廃止されました。
具体的に後期高齢者医療制度はどこが変わったのかというと、廃止された老人保健法では、市町村が運営主体でした。
それに対して、後期高齢者医療制度は、県内の市町村が加入している広域連合が運営主体となったところです。
健康保険法等の一部を改正する法律として、2006年、従来の老人保健法を廃止して、後期高齢者医療制度へと移行したのです。
後期高齢者医療制度は廃止されることはなく、原案そのものが事実上、棚上げされることなったのです。

後期高齢者医療制度が始まる2008年4月1日以前においては、75歳以上の人は、国民健康保険と老人保健から医療を受けていました。




posted by キャット4号 at 16:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1461
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 16:21 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期高齢者医療制度とは



後期高齢者医療制度は、スタート当初、2つの名称があって混同されましたが、簡単に理解するなら、素直に、長寿医療制度ととっても問題はないでしょう。後期高齢者医療制度というのは、いま、健康保険や国民健康保険の扶養家族になっている75歳以上の人にも適用されるという新しい制度です。

後期高齢者医療制度の保険料額は、全国的に見ると、平均して年7万2000円くらいになるようです。
そして、可決したことに伴い、2008年4月1日から、後期高齢者医療制度が施行されることになります。
端的に言うと、後期高齢者医療制度というのは、他の健康保険から独立した全く新しい医療保険制度を指すのです。
そして、ほとんどの人は、後期高齢者医療制度の場合、年金から天引きされることになっています。
実際、後期高齢者医療制度の名称が変更されたわけですが、結局、制度の内容そのものには変わりなく、国民を混乱に陥れる結果となりました。
今後、後期高齢者医療制度の保険料は2年ごとに改定されるとのことですが、高齢者の数が増えるに従って、当然、保険料が引きあげられていきます。
そして、短期保険証、資格証明書が、後期高齢者医療制度の開始により、発行されるようになりました。
ただ、後期高齢者医療制度が導入されても、医療費の窓口負担は、原則1割となっています。




posted by キャット4号 at 16:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。