2012年11月08日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1467
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 17:31 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期高齢者医療制度の該当年齢


そして、後期高齢者医療制度は、将来にわたって国民皆保険を維持していくため、医療費を国民全体で支える制度としての目標もあります。後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の高齢者に対して、その心身の特性によって医療を提供することを目的として作られたものです。
また、後期高齢者医療制度に加入する場合は、これまで加入していた国民健康保険や被用者保険からは、脱退します。
後期高齢者医療制度の年齢区分については、75歳の誕生日となり、その日が来ると、自動的に被保険者になります。
障害認定に関する後期高齢者医療制度の資格取得日については、広域連合が障害認定した日になります。
原則、75歳の年齢になる月の前月に後期高齢者医療制度の保険証は送付されるようになっていて、特別徴収の人に対しては7月中旬に送付されます。
家族以外の人に後期高齢者医療制度の手続きを依頼する際は、委任状と印鑑が必要になります。
75歳の年齢になったからといって、その日を境に急に体調が変わる訳ではないので、後期高齢者医療制度の年齢設定には、納得いかないものがあります。

後期高齢者医療制度の資格取得日の年齢は、75歳の誕生日の当日になることから、1日生まれの人は当月から保険料が徴収されます。

後期高齢者医療制度に該当する年齢というのは、心身の特性に相応しい医療を受けるべき年齢、という判断なのかどうかは疑問です。




posted by キャット4号 at 17:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。