2012年11月13日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1472
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 18:21 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年金免除期間


免除を受けた法定年金免除の期間は、申請免除の場合と、全く同じということになります。
また申請による年金免除の期間は、所得が少ない場合で、保険料納付が困難な場合で、それが申請によって認められた期間になります。
そして、年金免除の受給権取得した月以降に納付した保険料については、きちんと返金されることになっています。
これらの申請による年金免除の審査については、被保険者本人、配偶者、世帯主の所得が対象になり、それにより決定されることになります。
この場合の年金免除は、一度申請してしまうと、年度ごとの手続きというのはする必要がありません。
年金免除を申請する際には、年金手帳か年金証書が必要で、法定免除の場合は、生活保護開始を証明できる書類が必要です。
それにより、年金免除の期間の穴埋めをして、老齢基礎年金額を満額に近づけられるようになっているわけです。
年金免除には特例免除というものがあり、対象者は、申請する年度もしくは前年度で、退職か失業の事実がなければなりません。
この場合の年金免除は、退職しているということもあり、本人の所得を除外して審査がされることになります。
そして、年金免除が承認された期間の翌年から、3年度目以降については、その当時の保険料に加算金がつくので、要注意です。
しかし、退職者以外の配偶者や世帯主に一定の所得がある場合は、年金免除が承認されない場合があります。




posted by キャット4号 at 18:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。