2012年11月15日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1474
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 18:41 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年金免除になる収入


つまり、年金免除を申請しても、国民年金の保険料を全額払わねばならない場合が出てくるのです。
そうした時の決め手となるのが、年金免除に関する所得ラインで、その人の収入が大きく影響します。
そして、単身世帯の人は、前年度の収入が57万円以下なら、年金免除により、全額が免除されることになります。
政府は年金免除不正手続きに関しては、躍起になっているのですが、その効果はありません。

年金免除については、その審査は、収入が大きくものをいい、通常、前年度の収入と家族構成が要因になります。
この年金免除についての猶予期間については、受給資格期間というものが大きく関与しますが、実際の年金額には反映されないようになっています。
大体の年金免除を受ける際の収入の目安は、家族4人で前年度の収入が162万円以下なら全額免除ということになります。
そして、年金免除については、10年以内ならば、保険料を追納することができるのです。
そして、年金免除には、学生を助ける策として、学生納付特例制度というものが設けられています。

年金免除の不正手続きの対策としては、未納者を免除者に切り替えるというものでしたが、実際、対策としての体はなしえていません。
そして、年金免除制とは別に、支払猶予制度というものがあり、これはも、20歳代で所得の低い人を対象としたものになります。




posted by キャット4号 at 18:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。