2012年12月18日

パーソナルファイナンスについての考え方


単純に言うと、コーポレートをパーソナルに置き換えたものが、パーソナルファイナンスの考え方の元になっています。
パーソナルファイナンスでは、プランナーのアイデンティティーをプランすることに意義があります。
そして、パーソナルファイナンスでは、収入に対する支出の管理のあり方も考察していて、ライフプランに基づいた考え方が基盤になっています。
そして、家を買いたい、起業したい、教育にお金をかけたいなどの夢を実現するため、パーソナルファイナンスは、ライフプランをしつかりと考えていきます。
ただ、パーソナルファイナンスの考え方というの、1つの部品であって、すべてではないことを認識する必要があります。
もう少し噛み砕いていうと、パーソナルファイナンスは、家計での資産と負債のバランスのあり方を考察するといいう考え方に基づいているのです。
じっくりと、パーソナルファイナンスの考え方を見ていくと、その人の生き方をふまえた、お金の管理のことを指しているのが理解できます。
逆言すれば、リスクとうまく付き合うには、パーソナルファイナンスの考え方というのは、非常に重要になってくるわけです。パーソナルファイナンスという考え方は、今、少しずつ浸透しつつありますが、その意味を本当に知る人は少ないかもしれません。
資産運用はリスクが避けられませんが、パーソナルファイナンスは、ライフプランに基づいた考え方をしているので、リスクとバランスを保つことができます。




posted by キャット4号 at 00:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1493
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 23:51 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーソナルファイナンスで家計管理


そして、パーソナルファイナンスは家計のお金のバランスを考慮しながら、社会保障や税などの社会政策の動きも見据えていきます。
お金の管理をしていくのが、パーソナルファイナンスですが、そこで一番目につくのが、家計のことです。
家計簿は、あくまで日々の家計に要する金額をチェックするのが目的ですが、パーソナルファイナンスは、目的は、お金そのものではありません。パーソナルファイナンスを実行していくには、お金の運営についてしっかり築いていかなくてはなりませんが、それと同時に、社会や経済の動きも捉える必要があります。

パーソナルファイナンスと家計簿はやや違いがあり、家計簿は、日々の家計の入出金の記録という性質が色濃くあります。
つまり、パーソナルファイナンスは、お金そのものではなく、自分の人生のあり方を指向しているのです。

パーソナルファイナンスでは、バランスシートが非常に大事になってくるので、小さな家計の金額をつける家計簿とはわけが違います。
つまり、パーソナルファイナンスを実行するには、長期的な計画性を持ちながら、トータル家計管理を目指さなければなりません。
そこで、パーソナルファイナンスでは、マネールックが登場するわけで、これは、資産状況がワンクリックで把握できるので、とても便利です。
また、資産を目標別に管理できるので、パーソナルファイナンスには、マネールックは不可欠と言ってもいいでしょう。
資産が計画的に積み上がっている人は、もちろん、パーソナルファイナンスで特に資産をチェックする必要はありません。




posted by キャット4号 at 23:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1492
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 23:41 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーソナルファイナンスセミナー


そして、それを主人公としてクレドを作ることで、パーソナルファイナンスのセミナーでは、自分と切り離すことができると指摘しているのです。
しっかりした金融リテラシーを持つ自立した社会人を養成するために、パーソナルファイナンスのセミナーは開催されています。

パーソナルファイナンスのセミナーは、パーソナルクレドを作る過程において、その人の個性と魅力を引き出していきます。
そして、パーソナルファイナンスのセミナーでは、教育費をどう準備すべきかについても触れています。
教育費が中々削減できない中、大学の教育費というのは、非常に大きな出費を要しますが、パーソナルファイナンスのセミナーでは、そうした問題も指摘しています。
このパーソナルファイナンスのセミナーを受けると、自然と客観的な考え方ができるようになります。
つまり、パーソナルファイナンスのセミナーを受講することで、イマジネーションが豊かに大きく発展していくのです。パーソナルファイナンスには、大学生や大学院生を対象とした、セミナーがあり、人気を博しています。
授業料無償化や、子ども手当などの子育て支援策についても、パーソナルファイナンスのセミナーでは、議論の場を提供しています。
パーソナルファイナンスのセミナーでは、自身を表現するキャッチフレーズを作っていくので、自身を見つめる良いきっかけになります。




posted by キャット4号 at 23:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1491
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 23:31 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライフスタイルで考えるパーソナルファイナンス


また、経済環境も日々変化するので、パーソナルファイナンスで、ライフスタイルをしっかり、構築していかなくてはなりません。
また、将来独立するための開業資金を得たい、というような夢や目標までも、パーソナルファイナンスは提案していきます。
また、パーソナルファイナンスでは、定期的な見直しも必要で、それは、自分のライフステージが変わってくるからです。
夢や目標を達成するには、パーソナルファイナンスで、ライフスタイルをしっかり、築いていかなくてはなりません。
バブル崩壊後、日本はデフレが続いているので、パーソナルファイナンスで、ライフスタイルを築くには、耐性のある金融資産を組み込む必要があります。

パーソナルファイナンスで、ライフスタイルを実現するには、日々の収入や蓄えをいかに調整してくかにかかっています。
ライフスタイルを実現するには、当然、お金が必要になってくるので、パーソナルファイナンスの役割は、そこを上手く調整していくことにあります。
いかにして、ライフスタイルのプランを実現するかは、パーソナルファイナンスの取り組み方1つで決まってきます。

パーソナルファイナンスで、ライフスタイルを築いていくには、ライフプランを参考にしながら、計画的に貯蓄し、増やし、そして備えることが大事です。
日々の収入だけであらゆる費用を賄える人はそれでいいのですが、パーソナルファイナンスでライフスタイルを実現するには、そう簡単にはいきません。




posted by キャット4号 at 23:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1490
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 23:21 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーソナルファイナンス学会


様々なテーマについて、パーソナルファイナンス学会は、積極的に研究しており、実際、国際比較の観点からも研究しているので、かなり深く探求しています。
このパーソナルファイナンス学会は、元は2000年に登場していて、最初は消費者金融サービス研究学会として発足していました。

パーソナルファイナンス学会は、2009年5月に、消費者金融サービス研究学会から、その名を改めました。
最近では、京都でも学会が開催されていて、その内容は、韓国でのパーソナルファイナンスの現況という興味深いテーマで、会場を沸かしています。
世界の金融教育政策に注目しながらも、パーソナルファイナンス学会では、慎重に日本での金融教育のあり方を日夜、研究しています。
最近では、パーソナルファイナンス学会で、金融教育の波及性についての論文が発表されています。
日本での金融教育のあり方が、パーソナルファイナンス学会でも発表されており、最近では注目を集めています。
最先端の研究に余念がないパーソナルファイナンス学会は、あらゆる分野について新しい動きを捉えています。
特に英国金融サービス機構と英国銀行の権限分担関係のパーソナルファイナンス学会の論文発表は注目に値します。
研究領域を広がったことで、パーソナルファイナンス学会は、これまでより、学会活動を積極的に推進しています。




posted by キャット4号 at 23:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1489
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 23:11 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーソナルファイナンスプランナー


お金をどう稼ぐか、あるいはどう使うか、また、どう貯めるかということについて、パーソナルファイナンスでしっかり学べます。
また、お金を増やしたり、どう借りるかについても、パーソナルファイナンスで勉強できます。

パーソナルファイナンスプランナーは、教育現場でも活動していて、その能力を発揮しています。
生活設計、資産運用の専門家など、パーソナルファイナンスプランナーは幅広く活躍している人材なのです。
そのため、パーソナルファイナンスプランナーは、税金、社会保険、生命保険、損害保険など、あらゆる知識が要求されます。
つまり、パーソナルファイナンスプランナーに求められるのは、専門分野に特化したものではなく、トータル的な幅広い知識が必要なわけです。
端的に言うと、パーソナルファイナンスプランナーは、個人の資産設計を積極的にサポートしていきます。

パーソナルファイナンスプランナーは、夢のプランを実現するため、あらゆる資産設計を指導していきます。
パーソナルファイナンスプランナーは、それぞれの人にあったプランを提案するため、あらゆることを指導します。
例えば、マイホームを購入して、子供を大学まで進学させたいなどの手伝いを、パーソナルファイナンスプランナーはしていきます。
個人の資産運用をしっかりと築きたいなら、パーソナルファイナンスプランナーに任せるべきでしょう。




posted by キャット4号 at 23:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1488
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 23:08 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーソナルファイナンスとは


現時点で、入出金の管理をするのではなく、パーソナルファイナンスは、人生全体から再構築して、お金の管理をしていきます。

パーソナルファイナンスを構築することで、いつまでに、どのくらいの資金が必要なのかが、はっきり見えてきます。
また、パーソナルファイナンスで、収入を加算すれば、生涯キャッシュフロー表が見えてきます。

パーソナルファイナンスを構築して行くには、自分の考えそのものを はっきりさせる必要があるのです。
パーソナルファイナンスは、単なるお金儲けのための策ではなく、人生を豊かにするための有益な手段の1つなのです。
そして、パーソナルファイナンスを組み立てていく中で、通常の生活費を加味していけば、将来の支出金額を見据えることができます。
何をしたいのかをじっくり書いていくことで、パーソナルファイナンスの青写真が見えてきます。
旅行に家族を連れて行くなら、旅行費用を用意する必要があり、そのためにパーソナルファイナンスは、綿密な計画を立てていきます。
お金の目的をはっきりさせるため、パーソナルファイナンスでは、どのように生きていくのかも、追求していきます。
全ての生活と豊かな老後を実現できるのが、パーソナルファイナンスの最大の魅力といっていいでしょう。
生涯設計に基づいて、家計の資産や負債を管理する方法が、パーソナルファイナンスなので、非常に便利なシステムと言えます。




posted by キャット4号 at 23:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1487
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 22:51 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変額年金保険販売資格


生命保険協会の認定する資格が、変額年金保険の販売資格で、これは、保険会社以外の金融機関が、販売する際に必要になる資格です。
会社を辞めた場合、変額年金保険の販売資格は使えなくなる場合がありますが、それは資格自体が無効になるものではありません。
保険販売をする場合、資格試験に合格して、金融庁に募集人登録をしないと違反になりますが、変額年金保険の販売資格は、生命保険協会に登録します。
一般の年金保険である、生命保険募集をする販売資格と、変額年金保険の販売資格とは多少その規約が異なります。
仕事を辞めると、変額年金保険の販売資格の場合、会社の登録からはずれて、資格を失う可能性があるということです。
銀行窓口の販売においては、試験にパスして、変額年金保険の販売資格を取得しなければ、この保険を販売できません。

変額年金保険の販売資格は、あくまで生命保険協会が認める資格で、国の資格ではありません。
要するに、変額年金保険に対する募集ができないだけで、その辺はやや複雑な規定になっています。
基本的に、生命保険会社に勤めている人は、通常、専門課程に合格した後、変額保険の販売資格を取得することになっていますが、これは変額年金保険ではありません。

変額年金保険の販売資格は、その保険会社によって規定がはっきりしていないので、各会社できちんとした確認が必要になります。
投資信託において、金融機関窓口の販売のために、特別会員証券外務員一種があるのと同様に、変額年金保険を販売するには、販売資格がいるのです。




posted by キャット4号 at 22:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1486
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 22:41 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変額年金保険で資産運用


そして、手数料がかからず、変額年金保険は、運用益については、年金受取開始時もしくは解約するまで、課税が繰り延べされるというメリットもあります。
公的年金の補完としての資産運用としても変額年金保険はおすすめで、老後資金を準備するのに最適です。
変額年金保険なら、保険料を一定期間投資信託で運用するので、将来受け取る年金額に楽しみがあります。
年金原資や年金受取総額に最低保証が付けられているタイプの変額年金保険なら、資産運用をするにあたって、余計な心配がありません。
市場動向をじっくり見ながら、コストをほとんど意識せずに自らの投資判断で、変額年金保険はファンドを乗り換えられるので、気軽に資産運用ができます。
ただ、変額年金保険の場合、解約返戻金には最低保証がないで、その点は、注意しなければなりません。
相続時には、変額年金保険は時価評価されることになりますが、一定の範囲内で、非課税財産とみなされるので、楽に資産運用ができます。
特別勘定の数や種類については、変額年金保険を扱う会社や商品によって違いますが、現状、一時払いタイプがほとんどです。
特別勘定という投資信託で保険料の一部を運用する変額年金保険は、運用実績により年金額が変動するので、資産運用として非常に魅力的な商品です。
しかし、税金面については、変額年金保険は、投資信託よりも有利なので、そう言う意味でも、資産運用としておすすめできます。




posted by キャット4号 at 22:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1485
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 22:36 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本郵政の変額年金保険

変額年金保険というのは、保険料を特別勘定で運用していくとう方式の保険で、日本郵政でも取り扱っています。
そして、日本郵政の変額年金保険には、手持ちの資産から保険料を一括して支払える、一時払いも用意しています。
しかし、日本郵政の変額年金保険では、年金原資や死亡給付金に対して、相当額の最低保証というものが設けられています。
公的年金の不足を補えるという利点があることから、最近では、日本郵政の変額年金保険を利用する人がどんどん増えている状況です。
そして、新定期年金保険というものが日本郵政の変額年金保険にはあり、これは10年間にわたり、年一定額の年金がお受け取れるようになっています。

変額年金保険は、自分の資産を長い期間、バランスよく運用できると言うメリットがあるので、安心感があります。
年金額、給付金額、解約返戻金額が、運用次第で変動するという変額年金保険は、日本郵政でも人気になっています。
老後のゆとりある生活に向けてしっかりと準備できるのが、日本郵政の変額年金保険の最大の魅力と言えます。
日本郵政の変額年金保険は、死亡保険金の受取人まで指定できるので、受け取る側も、トラブルなどを避けることができます。
日本郵政の変額年金保険には、色々なタイプの種類があり、まず、積立型があって、これは、一定額の保険料を積み立てて運用していくというものです。




posted by キャット4号 at 22:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1484
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 22:21 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。