2012年12月07日

変額年金保険の一時払い


また、老後の心配を抱える人たちにとって、一時払い変額年金保険の人気高く、年々ニーズは高まってきています。
銀行よりも利回りがよく、株よりも安全ということで、一時払い変額年金保険を気軽に選択する人もいます。

変額年金保険の一時払いと言っても、仕組みがそれなりに複雑なので、理解するには多少時間がかかります。
変額年金保険というのは、年金額、給付金額、解約返戻金額が、特別勘定資産の運用によって、その額が反映されるようになっています。
つまり、初めての運用商品として、一時払い変額年金保険を購入する場合は、一抹の不安が残ります。
年金原資について最低保証があるのが、一時払い変額年金保険の良いところですが、最低保証してもらうには、運用期間満了まで運用するという条件を満たす必要があります。
また、変額年金保険を利用して、株価や債券価格の下落、また、為替の変動などが起こると、受取り金額が、一時払い保険料の額を下回ることも十分にあります。
一時払い変額年金保険は、最近人気が高く、将来、公的年金は不安だと言う人から、支持されています。
そして、一時払い変額年金保険において、一部解約した場合、解約返戻金には最低保証がないので、それなりのリスクが発生します。
ただ、一時払い変額年金保険の場合、運用期間中の死亡給付金額と、運用期間満了時の年金原資は、最低保証があるので、かなり安心感はあります。




posted by キャット4号 at 22:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

変額年金保険の元本保証


おいしい話には常に裏があるということがよく言われますが、それは、元本保証タイプの変額年金保険でも、例外ではありません。
また、手数料以外にも、元本保証タイプの変額年金保険には問題があり、保険会社が財務リスクを抑えるため、債券や公社債などの安定型資産運用の選択を迫られることです。変額年金保険に加入している人は、元本保証のあるタイプを利用している人の割合が圧倒的です。
しかも、その費用は、5%前後と大きいので、元本保証タイプの変額年金保険は、余計なお金がかかります。
そうしたことから、大手の保険会社は、こぞって、元本保証タイプの変額年金保険を続々と販売開始しています。
元本保証タイプの変額年金保険は、元本保証がされる代わりに、ちゃっかり、手数料は差し引かれるというわけです。

変額年金保険で、元本保証タイプのものは、契約初期費用が、一時払い保険料から差し引かれることになっています。
元本保証タイプの変額年金保険は、年金原資の一時払い保険料について、目減りした時でも、会社が最低保障をしてくれるというものです。
元本保証タイプの変額年金保険は、元本割れリスクを会社が肩代わりするので、会社の財務面の負担はそれだけ高くなります。
そのことから、元本保証タイプの変額年金保険を契約した人は、高利回りを実現できる可能性はほとんどありません。




posted by キャット4号 at 22:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

個人変額年金保険とは


そして、個人変額年金保険の場合、それぞれの運用実績によって、将来受け取れる年金額が変わってくるので、楽しみが大きく膨らみます。

個人変額年金保険は、短期決戦を希望する人には不向きですが、長期戦を望む人にはおすすめです。
もちろん、そうするためには、個人変額年金保険の条件を守っていかなければなりませんが、その条件は商品により違ってきます。
一般の生命保険とは違う部分が個人変額年金保険にはたくさんあり、契約者が死亡した時に保険金が支払われる普通のものとは、少し様相を呈しています。
ほとんどの場合、個人変額年金保険は、長期運用をする形になるので、10年間は預託したお金は使えないと思った方がいいでしょう。
さらに、個人変額年金保険の場合、運用中に死亡した時でも、自分が指定した人にお金がいくようになっています。
そして運用の実績は、個人変額年金保険は、他の保険と同様、損失を含めて、すべて自分に帰ってきます。
将来の自分のためにお金を準備しておきたい人は、個人変額年金保険を積極的に利用するといいでしょう。
また、個人変額年金保険を中途解約した場合、解約返戻金額が、一時払保険料相当額を下回るというリスクもあります。
短期間で実績をあげたいと言う人には、個人変額年金保険は向いていないかもしれません。




posted by キャット4号 at 22:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

変額年金保険の相続対策


人気の秘密は、変額年金保険の場合、契約者がファンドを選べるというところで、それが大きな魅力になっています。
変額年金保険の販売が盛んに行われている背景には、相続対策が隠されていることもあり、そのことも人気に影響しています。
ただ、変額年金保険は、株式運用ファンドもあるので、そこには、当然、マイナス運用というリスクがつきまとってきます。
相続対策として変額年金保険を活用する場合は、死亡給付金については、受取人を指定することです
そうすることで、被相続人の遺志を変額年金保険で、しっかり反映させることができ、結果、ムダな争いを防止することができます。
また、最近では、元本の110%保証をするとい変額年金保険の商品も出ているので、いかに保険が注目されているかがわかるでしょう。
相続対策が意味するところは、変額年金保険の年金支給開始前と開始後にその秘密が隠されています。
他に生命保険のないお年寄りなどは、預金を解約して、変額年金保険に移行するだけで、非課税枠が使えるので、相続対策に効果があるのです。
死亡保険金額については、運用がマイナスでも、変額年金保険の場合、払込保険料相当額は最低保証されるというものがほとんどです。

変額年金保険は、あらかじめ年金原資が保証されているものや、年金原資の最低保証がステップアップするという有利な商品がたくさんあります。
定額年金は契約時、将来受け取る年金額が決まっていますが、変額年金保険の場合、特別勘定で運用されるので、その額は変わってきます。




posted by キャット4号 at 21:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

変額年金保険と税金

変額年金保険というのは、ここ最近人気になっていて、それは国内外の生命保険会社が、積極的に販売しているからです。
保険会社の想定を大きく上回ったことから、変額年金保険にもその余波が生じたのです。
ただ、これらの変額年金保険の税金の仕組みを上手く活用すれば、相続財産の評価を下げることができるので、相続税対策になります。

変額年金保険では、運用益のみが雑所得になるわけで、その部分だけが、税金の対象になります。
1000万円を変額年金保険で投入した人が、10年間、150万円を年金として受け取る場合は、100万円が元本になり、50万円に税金がかかります。
つまり、税金面で考慮していくには、変額年金保険は、魅力的な商品であることが言えます。
家族に遺す変額年金保険というのは、積立期間中に万が一のことがあった場合の保険になります。
運用次第では、リスクを伴うのが変額年金保険なのですが、運用期間中に被保険者が死亡した場合、利益と元本が家族に戻されるというメリットがあります。
つまり、自ら変額年金保険を使用しない場合には、その時点で負けることのない運用商品に変わるわけです。
例えば10億円を40年の年金形式で家族に変額年金保険を遺したケースでは、年金評価は2億円になってしまいます。
客観的に変額年金保険を理解して、自身の運用方針、目的を明確にすれば、税金を節約できるのです。




posted by キャット4号 at 21:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

変額年金保険を比較



変額年金保険はこの辺りが他の保険とは異なっているわけで、ふやすことに特化していて、残すことにも考慮している保険なのです。
極めて株式投資信託に近いと性質が変額年金保険にはあるので、生命保険商品でありながら、銀行窓口、証券会社の窓口で販売されるというケースがほとんどなのです。
投資信託の制度を取り入れているのが変額年金保険の特徴で、それぞれの特質を考慮、比較して加入するといいでしょう。
変額年金保険は、投資型年金保険になりますが、一時払保険料額が最低保証として、受け取れるようになっています。
変額年金保険の最低保証がないタイプは、契約初期費用、保険関係費用、運用関係費用などが掛かってくるので、要注意で、この辺が比較検討材量になります。

変額年金保険の一時払保険料相当額の最低保証がないタイプについては、運用実績に応じた積立金額が、年金原資として支払われることになります。
そして、変額年金保険には、タイプがあるので、比較してから好みに合わせて加入する必要があります。変額年金保険というのは、1990年代に登場したまだ新しい保険ですが、様々な種類があるので、比較してから入ることをおすすめします。
そして、このタイプの変額年金保険は、年金原資、年金受取総額については保証がなく、それについての費用はかからないことになっています。
一時払保険料相当額の最低保証があるタイプの変額年金保険は、運用実績に関係なく、年金原資、年金受取総額について、一時払保険料相当額が最低保証されます。




posted by キャット4号 at 21:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

変額年金保険とは


年金の支払原資部分が特別勘定という運用専門勘定に入れられるのが、変額年金保険の特徴になります。
そして、変額年金保険で得た運用実績次第で、自分が受け取る年金額、あるいは解約返戻金が変わってくるというものです。
しかし、一部の変額年金保険に関しては、最低保証額を設定しているものもあるのど、不安な人はそうした商品を利用するといいでしょう。
変額年金保険のために特別に用意された投資信託もあるので、運用リスクは低くなっています。
しかし、変額年金保険は、絶対的に保証をするものではないので、払い込んだ金額を下回ることもあるので、その辺は覚悟しなければなりません。
そして、変額年金保険は、年金原資部分が、株式や債券などの有価証券、もしくは短期金融商品によって運用されることになるのです。
つまり、変額年金保険では、解約時は、運用実績をそのまま反映した額が払い戻されるということになります。
そして、変額年金保険の場合、公募の投資信託を利用するケースもあり、特別勘定の資金については、株式、債券が用いられるので、有利に働く場合が多いのです。
そして、定期間は被保険者が死亡した場合でも、年金の支払いを保証するという変額年金保険もあります。
ちなみに、10年の保証期間がある変額年金保険のことを、10年保証期間付終身年金と呼んでいます。




posted by キャット4号 at 21:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。