2012年12月02日

変額年金保険を比較



変額年金保険はこの辺りが他の保険とは異なっているわけで、ふやすことに特化していて、残すことにも考慮している保険なのです。
極めて株式投資信託に近いと性質が変額年金保険にはあるので、生命保険商品でありながら、銀行窓口、証券会社の窓口で販売されるというケースがほとんどなのです。
投資信託の制度を取り入れているのが変額年金保険の特徴で、それぞれの特質を考慮、比較して加入するといいでしょう。
変額年金保険は、投資型年金保険になりますが、一時払保険料額が最低保証として、受け取れるようになっています。
変額年金保険の最低保証がないタイプは、契約初期費用、保険関係費用、運用関係費用などが掛かってくるので、要注意で、この辺が比較検討材量になります。

変額年金保険の一時払保険料相当額の最低保証がないタイプについては、運用実績に応じた積立金額が、年金原資として支払われることになります。
そして、変額年金保険には、タイプがあるので、比較してから好みに合わせて加入する必要があります。変額年金保険というのは、1990年代に登場したまだ新しい保険ですが、様々な種類があるので、比較してから入ることをおすすめします。
そして、このタイプの変額年金保険は、年金原資、年金受取総額については保証がなく、それについての費用はかからないことになっています。
一時払保険料相当額の最低保証があるタイプの変額年金保険は、運用実績に関係なく、年金原資、年金受取総額について、一時払保険料相当額が最低保証されます。




posted by キャット4号 at 21:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。