2012年12月04日

変額年金保険の相続対策


人気の秘密は、変額年金保険の場合、契約者がファンドを選べるというところで、それが大きな魅力になっています。
変額年金保険の販売が盛んに行われている背景には、相続対策が隠されていることもあり、そのことも人気に影響しています。
ただ、変額年金保険は、株式運用ファンドもあるので、そこには、当然、マイナス運用というリスクがつきまとってきます。
相続対策として変額年金保険を活用する場合は、死亡給付金については、受取人を指定することです
そうすることで、被相続人の遺志を変額年金保険で、しっかり反映させることができ、結果、ムダな争いを防止することができます。
また、最近では、元本の110%保証をするとい変額年金保険の商品も出ているので、いかに保険が注目されているかがわかるでしょう。
相続対策が意味するところは、変額年金保険の年金支給開始前と開始後にその秘密が隠されています。
他に生命保険のないお年寄りなどは、預金を解約して、変額年金保険に移行するだけで、非課税枠が使えるので、相続対策に効果があるのです。
死亡保険金額については、運用がマイナスでも、変額年金保険の場合、払込保険料相当額は最低保証されるというものがほとんどです。

変額年金保険は、あらかじめ年金原資が保証されているものや、年金原資の最低保証がステップアップするという有利な商品がたくさんあります。
定額年金は契約時、将来受け取る年金額が決まっていますが、変額年金保険の場合、特別勘定で運用されるので、その額は変わってきます。




posted by キャット4号 at 21:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。