2012年12月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1486
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 22:41 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変額年金保険で資産運用


そして、手数料がかからず、変額年金保険は、運用益については、年金受取開始時もしくは解約するまで、課税が繰り延べされるというメリットもあります。
公的年金の補完としての資産運用としても変額年金保険はおすすめで、老後資金を準備するのに最適です。
変額年金保険なら、保険料を一定期間投資信託で運用するので、将来受け取る年金額に楽しみがあります。
年金原資や年金受取総額に最低保証が付けられているタイプの変額年金保険なら、資産運用をするにあたって、余計な心配がありません。
市場動向をじっくり見ながら、コストをほとんど意識せずに自らの投資判断で、変額年金保険はファンドを乗り換えられるので、気軽に資産運用ができます。
ただ、変額年金保険の場合、解約返戻金には最低保証がないで、その点は、注意しなければなりません。
相続時には、変額年金保険は時価評価されることになりますが、一定の範囲内で、非課税財産とみなされるので、楽に資産運用ができます。
特別勘定の数や種類については、変額年金保険を扱う会社や商品によって違いますが、現状、一時払いタイプがほとんどです。
特別勘定という投資信託で保険料の一部を運用する変額年金保険は、運用実績により年金額が変動するので、資産運用として非常に魅力的な商品です。
しかし、税金面については、変額年金保険は、投資信託よりも有利なので、そう言う意味でも、資産運用としておすすめできます。




posted by キャット4号 at 22:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。