2011年10月26日

車乗ったまま融資のメリット・デメリット


しかし、気をつけなければならないのは車乗ったまま融資で担保とする車が自動車ローン完済し終わっていない車の場合、文字通り多重債務になってしまうということのようです。
車乗ったまま融資は車融資や車担保融資などという名前でも呼ばれています。
車乗ったまま融資は質屋などと同じように質草の査定範囲で借り入れをすることが出来ます。
担保である車を融資を受ける前と同じように継続したまま利用することが出来る車乗ったまま融資。
融資方法の色々なメリットを組み合わせた融資方法かもしれません。

車乗ったまま融資は質屋のシステムに似ているようで、質屋と違い質草を利用し続けることが可能というメリットがあるようです。
交差点での信号待ちなどの際によく目につく場所に設置された車乗ったまま融資などの広告は車を利用した新しい融資方法のひとつと聞きます。
多重債務者も車さえあれば利用することが可能な車乗ったまま融資は自動車ローンが完済していない場合、更なる多重債務となって生活を圧迫する危険性もあるようです。
急な出費などの際には即日融資を行ってくれる車乗ったまま融資も多々あるようなので必要に応じて利用してみるのも良いかもしれません。車乗ったまま融資などと書かれた広告や看板をドライブ途中で目にしたことがあるという人は案外多いようです。




posted by キャット4号 at 02:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。