2012年01月29日

持病がある人の女性医療保険


持病のある人であっても、女性医療保険や、一般の医療保険には入ることは可能なのです。
限定告知型医療保険もあり、これは女性医療保険に加入する際、医者の診断は必要なく、数項目の告知事項に該当するかどうかを答えるだけで加入できます。
良いことだらけの女性医療保険の限定告知型医療保険ですが、この場合、支払う保険料は一般の医療保険の3〜4倍になります。
保険に加入できるかどうかは保険会社の考え方によりますが、一つの保険会社で断られても、女性医療保険では、無条件で加入できることもあります。
今後益々高齢化社会が進む中で、持病を持つ人が医療保険に加入される機会は増えてくるので、自分の目的にあった保障のある女性医療保険を選択すると良いでしょう。
無選択型医療保険と違って、女性医療保険契約前にかかった病気であっても、また、入院、手術しても給付金が支給されます。
一部不担保の女性医療保険の場合、肝心の持病や持病のある器官へ治療をしても、保険金は受け取ることができません。
一部不担保タイプの女性医療保険は、特定の疾病や、持病を患っている部位だけを医療保険の適用外とするものです。
女性医療保険で人気があるのは、ぼくには夢がある、希望がある、持病がある、で有名な、持病がある人でも入れる医療保険の新やさしいEVERです。
更新型と終身型の2つの種類が女性医療保険にはありますが、持病を抱えて暮している人の場合、どちらの方が有利かをよく考える必要があります。




posted by キャット4号 at 18:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。