2012年09月21日

Edy機能


そして、Edyで、支払いをすれば、マイルやポイントが貯まっていくので、お得です。
また、楽天カードが使えないような時や、国際ブランドが使えない時でも、Edyなら支払うことができる場合があります。
そのメリットとは、楽天カードでEdyにチャージした場合、チャージした1%が楽天スーパーポイントとして還元されるというものでした。
Edyをよく使う人で、ポイントが分散していた人は、このカードを使用すれば、かなりポイントの蓄積が加速します。
つまり、ポイントの二重取りができたのですが、今では、Edyでは、それができなくなっています。
入会審査はないので、誰でも簡単に利用できるのがEdyの魅力で、楽天カードには、便利な機能を装備できます。
これは、専用アプリの機能が充実していて、Edyの残高が少なくなった場合、自動的にチャージしてくれます。
また、楽天カードにEdy機能をつけた場合は、手数料として315円を支払う必要があります。
また、Edy機能付きの楽天カードで支払う機会が多い生活をしている人は、それだけポイントの複数取りが可能になり、いくつもカードを持つ必要がなくなって便利です。
そして、Edyで買い物すれば、200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが加算されていきます。




posted by キャット4号 at 09:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。