2012年10月28日

進学ローンと厚生年金

進学ローンとして最もポピュラーなのが国民金融公庫からの教育ローン一般貸付です。
年金貸付をはじめ、国や民間の進学ローンについては、ブログやサイトで多数紹介されています。
さあいよいよこれから必要だという時に何の役にも立たない状態で、頼るは進学ローンのみという訳です。
しかし、もし地方の私立大学に進学が決まれば、他の進学ローンも足して補わなければならなくなってしまいます。
有担保型もあれば無担保型もありますし、金利も固定式と変動式、自由に選択出来る進学ローンも多いようです。
因みにこの年金貸付は国民金融公庫の進学ローンの延長線上にあるみたいな形ですね。
地元の国立大学に合格してくれれば、国民公庫からの融資だけで何とかなります。
進学ローンのお世話にならずに子供を一人前にするのは並大抵の努力ではありません。
ただ、やはり国の進学ローンに比べれば金利が高いのは確かです。
今はまだ子供さんが小さくて、進学ローンなんて実感の湧かない若い親御さんも沢山いらっしゃる事でしょう。
年金貸付というのは、厚生年金か国民年金に加入している人を対象とした進学ローン。
うちは以前はこどものためにそこそこ貯金していましたが、ここ数年の不況で、主人の会社が苦しくて、とうとう去年子供のための保険を全て解約してしまいました。
勿論、事前に生活設計を立てて、学資保険などに加入していれば別ですが、国の進学ローンのみというのは現実問題かなり厳しいと思います。




posted by キャット4号 at 15:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。