2012年10月30日

日本工学院の進学ローン


まあ、娘が第一志望の学校に合格すればの話ですが、最低限すぐに進学ローンの申し込みが出来るように、ある程度の準備だけはしておかなければと思う今日この頃です。
その入学案内を見て親は目が点、俄かに進学ローンという言葉が脳裏を宿りました。
出来れば女の子ですし、地元の短大か専門学校にでも進学してくれれば、随分楽です。
そんな進学ローンに関する情報、読めば読むほど安心もしますが、不安にもなる、それが今の正直な心境ですね。

進学ローンは住宅ローンのように30年返済なんてなく、最長でも10年そこそこで返済しなければなりません。
いくつかの進学ローンや奨学金をうまく組み合わせて資金を調達するという形になるでしょうね。

進学ローンは住宅ローンほどではありませんが、返済期間が短いので組んだ以上は益々家計が苦しくなるのは事実です。
たりるかどうか、思いきり微妙なところ、もしかしたら、銀行の進学ローンを足さなければならないかも知れません。
我が家の場合、住宅ローンの返済額は毎月65000円ほどですからね。
でも、東京での下宿の準備にかかる費用だけでも中途半端じゃないだろうし、そこに入学金や当座の娘の生活費、そんなこんなを考えると、頭が痛くなる一方です。
日本工学院の素晴らしさはネットを見ていてもよく解るし、出来る事ならそこでやりたい事をさせてやりたいものです。
そのために絶対必要になるのが進学ローン、また、その利口な活用法もブログやサイトには多数掲載されているようです。




posted by キャット4号 at 16:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。