2012年12月10日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1487
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 22:51 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変額年金保険販売資格


生命保険協会の認定する資格が、変額年金保険の販売資格で、これは、保険会社以外の金融機関が、販売する際に必要になる資格です。
会社を辞めた場合、変額年金保険の販売資格は使えなくなる場合がありますが、それは資格自体が無効になるものではありません。
保険販売をする場合、資格試験に合格して、金融庁に募集人登録をしないと違反になりますが、変額年金保険の販売資格は、生命保険協会に登録します。
一般の年金保険である、生命保険募集をする販売資格と、変額年金保険の販売資格とは多少その規約が異なります。
仕事を辞めると、変額年金保険の販売資格の場合、会社の登録からはずれて、資格を失う可能性があるということです。
銀行窓口の販売においては、試験にパスして、変額年金保険の販売資格を取得しなければ、この保険を販売できません。

変額年金保険の販売資格は、あくまで生命保険協会が認める資格で、国の資格ではありません。
要するに、変額年金保険に対する募集ができないだけで、その辺はやや複雑な規定になっています。
基本的に、生命保険会社に勤めている人は、通常、専門課程に合格した後、変額保険の販売資格を取得することになっていますが、これは変額年金保険ではありません。

変額年金保険の販売資格は、その保険会社によって規定がはっきりしていないので、各会社できちんとした確認が必要になります。
投資信託において、金融機関窓口の販売のために、特別会員証券外務員一種があるのと同様に、変額年金保険を販売するには、販売資格がいるのです。




posted by キャット4号 at 22:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1486
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 22:41 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変額年金保険で資産運用


そして、手数料がかからず、変額年金保険は、運用益については、年金受取開始時もしくは解約するまで、課税が繰り延べされるというメリットもあります。
公的年金の補完としての資産運用としても変額年金保険はおすすめで、老後資金を準備するのに最適です。
変額年金保険なら、保険料を一定期間投資信託で運用するので、将来受け取る年金額に楽しみがあります。
年金原資や年金受取総額に最低保証が付けられているタイプの変額年金保険なら、資産運用をするにあたって、余計な心配がありません。
市場動向をじっくり見ながら、コストをほとんど意識せずに自らの投資判断で、変額年金保険はファンドを乗り換えられるので、気軽に資産運用ができます。
ただ、変額年金保険の場合、解約返戻金には最低保証がないで、その点は、注意しなければなりません。
相続時には、変額年金保険は時価評価されることになりますが、一定の範囲内で、非課税財産とみなされるので、楽に資産運用ができます。
特別勘定の数や種類については、変額年金保険を扱う会社や商品によって違いますが、現状、一時払いタイプがほとんどです。
特別勘定という投資信託で保険料の一部を運用する変額年金保険は、運用実績により年金額が変動するので、資産運用として非常に魅力的な商品です。
しかし、税金面については、変額年金保険は、投資信託よりも有利なので、そう言う意味でも、資産運用としておすすめできます。




posted by キャット4号 at 22:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1485
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 22:36 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本郵政の変額年金保険

変額年金保険というのは、保険料を特別勘定で運用していくとう方式の保険で、日本郵政でも取り扱っています。
そして、日本郵政の変額年金保険には、手持ちの資産から保険料を一括して支払える、一時払いも用意しています。
しかし、日本郵政の変額年金保険では、年金原資や死亡給付金に対して、相当額の最低保証というものが設けられています。
公的年金の不足を補えるという利点があることから、最近では、日本郵政の変額年金保険を利用する人がどんどん増えている状況です。
そして、新定期年金保険というものが日本郵政の変額年金保険にはあり、これは10年間にわたり、年一定額の年金がお受け取れるようになっています。

変額年金保険は、自分の資産を長い期間、バランスよく運用できると言うメリットがあるので、安心感があります。
年金額、給付金額、解約返戻金額が、運用次第で変動するという変額年金保険は、日本郵政でも人気になっています。
老後のゆとりある生活に向けてしっかりと準備できるのが、日本郵政の変額年金保険の最大の魅力と言えます。
日本郵政の変額年金保険は、死亡保険金の受取人まで指定できるので、受け取る側も、トラブルなどを避けることができます。
日本郵政の変額年金保険には、色々なタイプの種類があり、まず、積立型があって、これは、一定額の保険料を積み立てて運用していくというものです。




posted by キャット4号 at 22:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1484
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 22:21 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変額年金保険の一時払い


また、老後の心配を抱える人たちにとって、一時払い変額年金保険の人気高く、年々ニーズは高まってきています。
銀行よりも利回りがよく、株よりも安全ということで、一時払い変額年金保険を気軽に選択する人もいます。

変額年金保険の一時払いと言っても、仕組みがそれなりに複雑なので、理解するには多少時間がかかります。
変額年金保険というのは、年金額、給付金額、解約返戻金額が、特別勘定資産の運用によって、その額が反映されるようになっています。
つまり、初めての運用商品として、一時払い変額年金保険を購入する場合は、一抹の不安が残ります。
年金原資について最低保証があるのが、一時払い変額年金保険の良いところですが、最低保証してもらうには、運用期間満了まで運用するという条件を満たす必要があります。
また、変額年金保険を利用して、株価や債券価格の下落、また、為替の変動などが起こると、受取り金額が、一時払い保険料の額を下回ることも十分にあります。
一時払い変額年金保険は、最近人気が高く、将来、公的年金は不安だと言う人から、支持されています。
そして、一時払い変額年金保険において、一部解約した場合、解約返戻金には最低保証がないので、それなりのリスクが発生します。
ただ、一時払い変額年金保険の場合、運用期間中の死亡給付金額と、運用期間満了時の年金原資は、最低保証があるので、かなり安心感はあります。




posted by キャット4号 at 22:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

変額年金保険の元本保証


おいしい話には常に裏があるということがよく言われますが、それは、元本保証タイプの変額年金保険でも、例外ではありません。
また、手数料以外にも、元本保証タイプの変額年金保険には問題があり、保険会社が財務リスクを抑えるため、債券や公社債などの安定型資産運用の選択を迫られることです。変額年金保険に加入している人は、元本保証のあるタイプを利用している人の割合が圧倒的です。
しかも、その費用は、5%前後と大きいので、元本保証タイプの変額年金保険は、余計なお金がかかります。
そうしたことから、大手の保険会社は、こぞって、元本保証タイプの変額年金保険を続々と販売開始しています。
元本保証タイプの変額年金保険は、元本保証がされる代わりに、ちゃっかり、手数料は差し引かれるというわけです。

変額年金保険で、元本保証タイプのものは、契約初期費用が、一時払い保険料から差し引かれることになっています。
元本保証タイプの変額年金保険は、年金原資の一時払い保険料について、目減りした時でも、会社が最低保障をしてくれるというものです。
元本保証タイプの変額年金保険は、元本割れリスクを会社が肩代わりするので、会社の財務面の負担はそれだけ高くなります。
そのことから、元本保証タイプの変額年金保険を契約した人は、高利回りを実現できる可能性はほとんどありません。




posted by キャット4号 at 22:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

個人変額年金保険とは


そして、個人変額年金保険の場合、それぞれの運用実績によって、将来受け取れる年金額が変わってくるので、楽しみが大きく膨らみます。

個人変額年金保険は、短期決戦を希望する人には不向きですが、長期戦を望む人にはおすすめです。
もちろん、そうするためには、個人変額年金保険の条件を守っていかなければなりませんが、その条件は商品により違ってきます。
一般の生命保険とは違う部分が個人変額年金保険にはたくさんあり、契約者が死亡した時に保険金が支払われる普通のものとは、少し様相を呈しています。
ほとんどの場合、個人変額年金保険は、長期運用をする形になるので、10年間は預託したお金は使えないと思った方がいいでしょう。
さらに、個人変額年金保険の場合、運用中に死亡した時でも、自分が指定した人にお金がいくようになっています。
そして運用の実績は、個人変額年金保険は、他の保険と同様、損失を含めて、すべて自分に帰ってきます。
将来の自分のためにお金を準備しておきたい人は、個人変額年金保険を積極的に利用するといいでしょう。
また、個人変額年金保険を中途解約した場合、解約返戻金額が、一時払保険料相当額を下回るというリスクもあります。
短期間で実績をあげたいと言う人には、個人変額年金保険は向いていないかもしれません。




posted by キャット4号 at 22:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

変額年金保険の相続対策


人気の秘密は、変額年金保険の場合、契約者がファンドを選べるというところで、それが大きな魅力になっています。
変額年金保険の販売が盛んに行われている背景には、相続対策が隠されていることもあり、そのことも人気に影響しています。
ただ、変額年金保険は、株式運用ファンドもあるので、そこには、当然、マイナス運用というリスクがつきまとってきます。
相続対策として変額年金保険を活用する場合は、死亡給付金については、受取人を指定することです
そうすることで、被相続人の遺志を変額年金保険で、しっかり反映させることができ、結果、ムダな争いを防止することができます。
また、最近では、元本の110%保証をするとい変額年金保険の商品も出ているので、いかに保険が注目されているかがわかるでしょう。
相続対策が意味するところは、変額年金保険の年金支給開始前と開始後にその秘密が隠されています。
他に生命保険のないお年寄りなどは、預金を解約して、変額年金保険に移行するだけで、非課税枠が使えるので、相続対策に効果があるのです。
死亡保険金額については、運用がマイナスでも、変額年金保険の場合、払込保険料相当額は最低保証されるというものがほとんどです。

変額年金保険は、あらかじめ年金原資が保証されているものや、年金原資の最低保証がステップアップするという有利な商品がたくさんあります。
定額年金は契約時、将来受け取る年金額が決まっていますが、変額年金保険の場合、特別勘定で運用されるので、その額は変わってきます。




posted by キャット4号 at 21:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

変額年金保険と税金

変額年金保険というのは、ここ最近人気になっていて、それは国内外の生命保険会社が、積極的に販売しているからです。
保険会社の想定を大きく上回ったことから、変額年金保険にもその余波が生じたのです。
ただ、これらの変額年金保険の税金の仕組みを上手く活用すれば、相続財産の評価を下げることができるので、相続税対策になります。

変額年金保険では、運用益のみが雑所得になるわけで、その部分だけが、税金の対象になります。
1000万円を変額年金保険で投入した人が、10年間、150万円を年金として受け取る場合は、100万円が元本になり、50万円に税金がかかります。
つまり、税金面で考慮していくには、変額年金保険は、魅力的な商品であることが言えます。
家族に遺す変額年金保険というのは、積立期間中に万が一のことがあった場合の保険になります。
運用次第では、リスクを伴うのが変額年金保険なのですが、運用期間中に被保険者が死亡した場合、利益と元本が家族に戻されるというメリットがあります。
つまり、自ら変額年金保険を使用しない場合には、その時点で負けることのない運用商品に変わるわけです。
例えば10億円を40年の年金形式で家族に変額年金保険を遺したケースでは、年金評価は2億円になってしまいます。
客観的に変額年金保険を理解して、自身の運用方針、目的を明確にすれば、税金を節約できるのです。




posted by キャット4号 at 21:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

変額年金保険を比較



変額年金保険はこの辺りが他の保険とは異なっているわけで、ふやすことに特化していて、残すことにも考慮している保険なのです。
極めて株式投資信託に近いと性質が変額年金保険にはあるので、生命保険商品でありながら、銀行窓口、証券会社の窓口で販売されるというケースがほとんどなのです。
投資信託の制度を取り入れているのが変額年金保険の特徴で、それぞれの特質を考慮、比較して加入するといいでしょう。
変額年金保険は、投資型年金保険になりますが、一時払保険料額が最低保証として、受け取れるようになっています。
変額年金保険の最低保証がないタイプは、契約初期費用、保険関係費用、運用関係費用などが掛かってくるので、要注意で、この辺が比較検討材量になります。

変額年金保険の一時払保険料相当額の最低保証がないタイプについては、運用実績に応じた積立金額が、年金原資として支払われることになります。
そして、変額年金保険には、タイプがあるので、比較してから好みに合わせて加入する必要があります。変額年金保険というのは、1990年代に登場したまだ新しい保険ですが、様々な種類があるので、比較してから入ることをおすすめします。
そして、このタイプの変額年金保険は、年金原資、年金受取総額については保証がなく、それについての費用はかからないことになっています。
一時払保険料相当額の最低保証があるタイプの変額年金保険は、運用実績に関係なく、年金原資、年金受取総額について、一時払保険料相当額が最低保証されます。




posted by キャット4号 at 21:30 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

変額年金保険とは


年金の支払原資部分が特別勘定という運用専門勘定に入れられるのが、変額年金保険の特徴になります。
そして、変額年金保険で得た運用実績次第で、自分が受け取る年金額、あるいは解約返戻金が変わってくるというものです。
しかし、一部の変額年金保険に関しては、最低保証額を設定しているものもあるのど、不安な人はそうした商品を利用するといいでしょう。
変額年金保険のために特別に用意された投資信託もあるので、運用リスクは低くなっています。
しかし、変額年金保険は、絶対的に保証をするものではないので、払い込んだ金額を下回ることもあるので、その辺は覚悟しなければなりません。
そして、変額年金保険は、年金原資部分が、株式や債券などの有価証券、もしくは短期金融商品によって運用されることになるのです。
つまり、変額年金保険では、解約時は、運用実績をそのまま反映した額が払い戻されるということになります。
そして、変額年金保険の場合、公募の投資信託を利用するケースもあり、特別勘定の資金については、株式、債券が用いられるので、有利に働く場合が多いのです。
そして、定期間は被保険者が死亡した場合でも、年金の支払いを保証するという変額年金保険もあります。
ちなみに、10年の保証期間がある変額年金保険のことを、10年保証期間付終身年金と呼んでいます。




posted by キャット4号 at 21:20 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1483
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 21:11 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法人のカードローンを比較


領収書を受け取って、後で処理するのが普通の清算方法になりますが、法人のカードローンを比較すると、後で領収書をまとめなくて良いということがわかります。法人のカードローンを比較するとわかるのは、まず、法人用のクレジットカードは、個人用と大きな違いがないことがわかります。
ここは、三菱東京UFJ銀行、信託銀行の両グループの強みがあり、法人のカードローンを比較する中、金利が他と比べて低いというメリットがあります。

法人のカードローンを比較で、GMOがおすすめなのは、ここは金融業界でも最低水準の低金利を誇っているからです。
創業して間もない時期は通りにくいので、法人のカードローンを比較する前に、ある程度の実績を作った上で申請をすることを心がけると良いでしょう。
法人は、カードで一時前払いをする形式になり、現金を事前に用意する必要がないことから、法人のカードローンを比較して、良いものを選択して有効活用することです。
スタッフィも、法人のカードローンを比較する中では人気で、ここは阪急電鉄グループ母体のキャッシング会社なので、安心感があります。

法人のカードローンを比較する際、気になるのが審査ですが、それは会社が対象として審査されます。
ここは、事業拡大、決算時などの資金ニーズに最適で、一時的なつなぎ資金にも有効なので、法人のカードローンを比較した場合、イチオシの業者です。
上限金額300万円までの融資が可能で、約15分のスピード審査なので、法人のカードローンを比較する中では、とても人気があります。




posted by キャット4号 at 21:10 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

カードローンを限度額で比較


また、アコムなら、三菱東京UFJ銀行やセブン銀行などでも返済可能なので、カードローンを限度額で比較した場合、とてもおすすめできる業者なのです。
そして、カードローンを限度額で比較して考察していくと、特定の顧客に特定のサービスを付加しているケースでは、借入限度額を50万円に抑えた業者が多い傾向があります。
初回借り入れ日から30日間は無利息で、限度額も300万円なので、カードローンを限度額で比較する中、ジャパンネット銀行は人気があります。
ただ総量規制には貸金業法の規制を受けない銀行カードローンは含まれないので、カードローンを限度額で比較する場合、ノンバンクの貸金業者と銀行を分ける必要があります。
また、通常は無担保無保証ですが、有価証券を担保に付けた場合、担保評価額の半分が融資限度額になることもカードローンを限度額で比較する上で注意する必要があります。
フクホーも、カードローンを限度額で比較する中、人気の業者で、ここは来店一切不要の振り込みキャッシングで、限度額は200万円となっています。カードローンを限度額で比較すると、やはり一番にその名が挙がるのは、アコムでしょう。
そして、カードローンを限度額で比較すると、消費者金融と一般貸金業者の借入限度額は、平均すると300万円が多くなっています。
そして、カードローンを限度額で比較した際、ジャパンネット銀行もおすすめで、ここは知る人ぞ知るネット専門銀行のカードローンです。
それを超える人は、カードローンを限度額で比較する場合、銀行カードローンを考える必要があります。




posted by キャット4号 at 21:00 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari04.blog105.fc2.com/?m&no=1482
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット4号 at 20:52 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カードローンを返済方法で比較


この返済方法は、返済額は最初は多いのですが、元金の減りに比例して利息分が減るので、カードローンを返済方法で比較した場合、おすすめです。
返済方式には元利金等返済、元金均等返済、残高スライド返済、リボルビング返済などがあることが、カードローンを返済方法で比較すると確認できます。
元金均等返済はおすすめで、カードローンを返済方法で比較の中では、最もポピュラーな方法と言えます。
そうしたことから、カードローンを返済方法で比較する場合、自分に合った金融機関を利用するのが一番です。
後になればなるほど返済額が小さくなるので、カードローンを返済方法で比較した場合、とても楽な方法で、元金が均等に減っていきます。
もちろん、カードローンを返済方法で比較すると、その他にもいろいろな種類があります。
この返済方法は、初回の返済金額が一番多く、最初は少し大変ですが、カードローンを返済方法で比較する中、徐々に返済額が減っていくのを好む人におすすめできます。
毎回の返済額が一定なので、カードローンを返済方法で比較する中、もっとも計画的な返済が可能な方法になります。
また、カードローンを返済方法で比較した時、元利均等返済と言う方法があり、これは、元金と利息の合計を、返済開始から期間の終了まで、均等するという返済方法です。

カードローンを返済方法で比較すると、まず、元金均等返済があり、これは、返済額を、元金を均等割にした額と利息の合計とした返済方法になります。




posted by キャット4号 at 20:50 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

カードローンを金利で比較


カードローンを金利で比較する場合、まずは、カードローン全体の金利体系を把握することが大事です。
現代は、超低金利時代に突入しているので、カードローンを金利で比較する場合、貸出金利は大体、5%前後〜20%であることを知る必要があります。
カードローンは殆どが無担保無保証なので、比較的高い金利設定になることも、カードローンを金利で比較する前に知っておかなくてはなりません。
カードローンを金利で比較すると面白いのは、金利の低い銀行カードローンは、審査の難易度は非常に高いことです。
中でも、カードローンを金利で比較するとおすすめなのがオリックス銀行で、ここは、金利3.0%〜17.8%と一番低い金利となっています。
ここのプレミアコースなら、限度額700万円で金利が3.5%〜10%なので、カードローンを金利で比較すると、ダントツの金利です。
カードローンの金利は、範囲が表記されていますが、これは信用度によって金利が変ることを意味しているで、カードローンを金利で比較する場合、注意しなければなりません。
金利が低いカードローンを選ぶ優先順位は、カードローンを金利で比較するとよくかわり、銀行が一番で、次いで、信販、クレジット会社、消費者金融になります。
また、融資金額が少ない程、金利が高くなり、融資金額が多くなると金利が低くなるということも、カードローンを金利で比較する前に熟知しておかなくてはなりません。
つまり、カードローンを金利で比較すると、オリックス銀行が低金利ナンバーワンということになります。
また、カードローンを金利で比較すると、三菱東京UFJ銀行もおすすめで、ここは実質年率が5.1%〜14.6%となっています。




posted by キャット4号 at 20:40 | Comment(0) | 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。